てんかんママ、毎日子育て日和

てんかん持ち、ワンオペ育児でも仕事に趣味に子育て頑張るママのブログです。現在2人目妊活中!

天使になった赤ちゃんへのプレゼント。

少し前ですが、ネットニュースでこんな記事を見つけました。

 

 

https://mainichi.jp/articles/20170916/k00/00e/040/318000c

 

 

にこにこ257(にこな)の会。

妊娠中や出産時に亡くなった赤ちゃんのために手作りしたベビー服を無償で届けています。

 

 

以前、私は病院の産婦人科で働いていました。

母体搬送を受け入れておりNICUもある病院だったので、順調なお産の人ばかりではありません。

長期入院が必要な人、障害を持っている人、自発呼吸すら出来ない赤ちゃん、早産で生まれた赤ちゃん。

 

入院担当の事務員でしたが、入院している患者さんや生まれた赤ちゃんの両親と直接話す機会の多い病院でした。

 

様々な患者さんがいる大きな病院だったので、ほぼ毎月死産の方がいました。

 

そうゆう方に話がある場合は極力、亡くなった赤ちゃんのお母さん以外の方に声をかけさせて頂いていました。

 

ですが、どうしても誰も来られないという事で1度だけ亡くなった赤ちゃんのお母さんと話をする事になりました。

 

動けないので、来て欲しいと看護師から連絡があったため病室まで向かいました。

 

そこに居たのは、

 

目を真っ赤にしたお母さんとその隣には病院のベビーベット。タオルに包まれた片手ぐらいのの小さな赤ちゃんでした。

 

 

入ったとたん、私まで泣きそうになりました。

仕事を辞めて数年たった今でも、その時の事は忘れられません。

 

 

 

そんな過去があるからか、このニュースを見て胸が締め付けられました。

 

天使ママさん(赤ちゃんを亡くしたお母さん)達が、亡くなった赤ちゃんのために…と始めた「にこにこ257の会」。

 

本当に素晴らしい活動だと思いました。

 

資金援助とまでは出来なくても、せめてこの活動を多くの人に知ってもらいたい。

そう思って記事にしました。

 

 

沢山の人にこの活動を知ってもらえますように。

 

そして天使になった赤ちゃんに素敵なプレゼントが届きますように…