てんかんママ、毎日子育て日和

てんかん持ち、ワンオペ育児でも仕事に趣味に子育て頑張るママのブログです。現在2人目妊活中!

ディズニーアート展行ってきました!ウォルト・ディズニーはやっぱり凄い人。

待ちに待ったディズニー・アート展!

春頃にこの情報を知り、ずっと待っていてやっと関西に来てくれました( ⸝⸝⸝⁼̴́◡︎⁼̴̀⸝⸝⸝)

 

ディズニーランドとかグッズにはあまり興味ありませんが、ディズニー映画は好きです。アニメーションなのにリアリティがあって、人だけでなく動物の動きもアニメなのに本物のよう。背景も美しいです。

美術に興味がある事もあって、原画やスケッチがあるなら見てみたい!という事で、芸大に通っている居候の妹と行ってきました。

f:id:mm4200:20171112132048j:image

 

サイレント映画が主流だった時代に、初めてサウンドトラック方式を採用したウォルト・ディズニー。

少年時代から絵を描くことが好きで、元は漫画家でした。そこからアニメーターとなり、様々な苦難を経てミッキーマウスを生み出しました。

今回行ったディズニー・アート展は、ミッキーマウスが誕生してからの内容でしたが、ウォルトのアニメーションに対する情熱や努力は一線を画していました。

101匹わんちゃんを制作する際は、細かな動きを表現するために、実際にダルメシアンを飼いスケッチをしていたり、白雪姫ではモデルとなる森を見にいったり。

本当に好きじゃないとこんな事出来ませんよね٩( *˙0˙*)۶

 

ウォルトが亡くなった後も、その情熱は引き継がれ作品づくりに生かされていました。

火、風、水、氷などの自然現象をいかにリアルに表現するか。でもアニメの世界観は壊さないように。

 

本当に凄いの一言でした。

本当は一言では語れないんですけど、上手く伝えられなくてすみません(T ^ T)おそらく多くの人はディズニー・アート展を見ると、ディズニー映画の見る目が変わると思います。

ディズニー映画は、ウォルトの意志が受け継がれる限りこれからも進化し続けていくんだろうなと思います。

 

久々に美術展に行きましたが、まだまだ私も頑張ろう!という気持ちになりました。

素晴らしいものを見て、良い刺激をもらえたので行って良かったです。

 

関東の方は終わってしまいましたが、関西では来年の1/21(日)まで開催しています。

興味がある方はぜひどうぞ(^^)

詳しくはこちら→ディズニー・アート展 │ 大阪市立美術館

 

f:id:mm4200:20171112143917j:image

 

 

あぁ無性にディズニー映画が見たくなる…

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました⑅︎◡̈︎*

 


にほんブログ村